blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
前回からの続きです。

氷見の港から東京に送った鰤は明朝到着の予定。
僕には東京に戻る前に
どうしてもやっておかなければならないことが2つあった。

石川県には優秀な日本酒の作り手が多い。
以前能登半島を旅した時も、輪島周辺にある数々の
小さな造り酒屋のクオリティの高さや、
それを販売する酒屋さんたちの意識の高さに
びっくりした経験がある。
なにせ輪島の酒屋さんは客が要望する酒蔵の使用する米や水、
杜氏名等は勿論の事、その酒造メーカーの代表の考え方や
経営状況、はたまた使用している酵母の番号まで
綿密に把握しているのだ。
それはもう或種哲学的な領域にすら到達している。

さて、僕が初めて菊姫酒造の造る酒に出会ったのは、
もうかれこれ13、4年前に遡る。
ある意味僕の人生の恩人でもある沢田研二さんが、
その年の暮れに初めて僕の自宅に御歳暮を送って下さった。
それが菊姫の酒だった。
その頃、菊姫は東京都内ではなかなか手に入りづらく、
作曲家の富田勲さんもまたこれの大ファンであられる
そうで、菊姫の酒飲みたさに
当時まだ都内に何軒も無かった菊姫を扱う店の中から、
わざわざ池袋にある居酒屋によく通われたという
お話しを伺ったことがある。
沢田さんはその年、竹久夢二を扱った映画の撮影で
金沢を訪れ、菊姫に出会い、
以来この酒をごひいきにされているらしい。
そんな訳で、毎年時期になると必ず沢田さんから
この宝物が送られてくる。
本来こちらから付け届けをしなければならない立場である
のに、沢田さんという人は
なんとも出来た人だ。いつの日か御恩返しがしたいものだ。

さて、カーナビが御丁寧に全てを説明しまくる僕の車は、
金沢市内を走り回っていた。
僕はある一本の日本酒を探して金沢市内の酒屋を巡っていた…。

菊姫の酒には独特の味と香りがある。
ある僕の友人はこの香りをぬか香と称したが、
確かにそういった糠やモミ殻のニュアンスを
強く感じさせるキャラクターを、ここの酒蔵の酒は持つ。
また別の友人は、しっかり造られた日本酒には必ず
多かれ少なかれこういったニュアンスの味が
伴うものだとも言う。
しかし、この菊姫のキャラの強さは相当際立っている。
少々大袈裟かもしれないが、
店で隣の客に菊姫が注がれると、その香りだけで
「ああ、この人達は菊姫を飲んでいるな」
と解ってしまう程だ。
そんな訳で、最初にこの酒と出会った時
まだ20代だった僕は、この糠臭さが良く
理解できなかった。
旨い酒、深みのある味、などの表現で言うことはできても、
何故これがこういうキャラで造られているのかが、
どうしても僕の理解の限度を超えていた。

この疑問を見事に晴らしてくれたのは、京都にある、
とある料亭での体験だった。
その料亭の御主人と女将はとても興味深い人達だ。
僕は以前、京都とパリの人々のキャラクターがある部分
酷似していると感じて、
京都=パリ説なるものを展開していたことがあるが、
彼らは正にそれを裏付ける京都側の代表格だ。
この店の席に座った瞬間から、
料金を払って店を出るまでの間、
一挙手一投足に至るまで全部観察されていると思って良い。
と書くと大きな誤解を招くことになろうが、
実際ここのサービスは徹底している。
この店で所謂不自由というものを感じたことが無い。
ここの女将は、客が今何を感じ何を望んでいるのかを
リアルタイムで解析し、
実行する、ごく高い能力を備えている。
しかも、決して押し付けや嫌味で無く、
それがごく自然な形でなされる。
殆どの場合、酒が入った客にはおよそ気付かれようもない
さり気なさだ。
しかし考えてみると、あれだけの細やかな気配りを
それぞれの客にするとなると、
当然相手がどんな人物なのかを察知するために、
なされている会話などに耳を澄ませているんだろう等と、
下衆の勘ぐりをしたくもなる。
だって客の感性や知性や知識をちゃんと見抜いて
サービスするんだもの、この女将。
(くどいようだが、これは僕の勝手な感じ方であって、
実際そそれほどでもないのかも知れない。こういうことは
個人的なことなので、まあ程々に読んでほしい。)

客が減ってくると、それまでカウンターの中に居た御主人は
座敷きの隅に腰掛けて、
お茶等をすすりながらボーッとしている風だが、
これがまた曲者。
彼の千里眼がまた超一流なのだ。
いや、むしろこの御主人にしてこの女将さんと言った方が
正しいだろう。

ボーッとしながら、彼は客の背中とカウンターの板たちの
動きと外の景色を
観賞している風では、ある…。
が、この男はただ者では無い。
客の背中を通してその客の人生を見、
板さん達の動きを通して、
彼らと客との微妙な関係の保ち方のバランスを見、
外の景色を眺めながら季節と自分との関係を察知し、
明日の食材に思いを馳せている。
(いや本当だ!!)
それが証拠に、いつも御主人が座敷きの隅に腰掛けると、
今までにも増して
カウンター中の板さん2人(御主人のお弟子さん)は、
ぴりっと緊張する。客席側から見られているのを
ひしひしと感じているに違い無い。
僕は幾度となくこの御主人のさり気ない一言に驚かされ、
冷や汗をかかされた。
まあ、そういうスリルを楽しみたいこともあって、
この店に通う訳だが…。
どこの店だって客を楽しませる為に苦労を厭わないのは
当然のことだが、この店に来ると、
超一流のエンターテイメントに接している気がする。
自分がサービスされても、
人がサービスされているのを眺めていても、
実に楽しく、実に面白い。
そういえば僅か12、3席しかないこの店に、
3組以上の客を今までかつて見たことが無い。
それ以上は恐らく目が届かなくなるため、
断ってしまうのであろう。

さてそんな御主人が、ある時座敷きの隅に腰掛けながら、
僕にこう聞いた。
「cobaさんは、菊姫の黒吟を御存じですか?」
「いいえ。僕が何時も飲んでいるのは、
加陽菊酒か山廃吟醸です。あ、あと加州菊酒も…
あ、それからにごりも…たまに…。」
「ほう。そんなに菊姫がお好きですか…。」
と、呟きながら御主人はカウンターの若い板さんに
「おい、cobaさんに黒吟を一杯飲ましたぁげてぇ。」
と告げた…。

金を芸術的にあしらった、
モダンなビードロ風の素敵なグラスに注がれた
菊姫の黒吟が、
僕の前にゆっくりと
静に置かれた。

若い酒の持つ、におい立つような香りは、
この酒には無かった。
2、3年寝かしてあるものに相違なかった。
僕はそのグラスを持ち上げて、香りを嗅いだ。

何とも忘れがたい瞬間であった。
それは、確かに菊姫のそれに違いなかった。
が、明らかにもっと高尚な、或いは高貴な香り…。
僕が今まで知っている菊姫が、
素晴らしく昇華されたものだった。

「なるほど!」

美しく旨い酒を味わった第一声にはおよそ相応しく無い
感嘆の声を、
僕は上げた。
しかし、それは菊姫という酒を知ればこその、
そして今までその香りを完全に理解できずに
きた者であればこその感嘆の声だった。

僕の中で言葉が勝手に弾けた…。
「この人達はこういう物を造りたかったのですね!
最終的に。
ああ、そうか!そうか。だから、ああいう香りなんだ。
そうか、そうか。…う〜ん。なるほど。
これかぁ!なるほどなぁ…。」

それは素晴らしく高貴なヒネ香であった。
菊姫独特のあの糠香や、蟹の甲羅をすり潰した瞬間に香る
あの独特な香りのニュアンス…
(これは、野生の山葵の葉を噛んだ時にも味わえるが)
…を保ちながら、
モミ殻をローストした時に香る、『焦がし』のニュアンスや、
きな粉をお茶に溶いた時に生ずる香ばしさと渋みとが
合いまった感覚、或いは岩茶のニュアンスなども
微かに感じる。
成熟した女性が身に纏ったらさぞ素敵ではないかと思える
香水……そんな感じだ。

更に言葉は続く。
「いやあ、なんで菊姫はああいう香りがするのか
ずうっと解らなかったんですよぉ。
なぁんだ。こういうことだったのかぁ。そうか、そうか。
うーん…。
こうなることを知っていればねぇ。ハハハ。」

僕のはしゃいでいる背中をずうっと嬉しそうな顔で
眺めていた御主人が言った。
「旨いですか。」
「ええ、ええ。旨いってもんじゃあないですよ、
あなた、これは。 なんていうのか、もう媚薬ですよ。」
「わっはっは。そんなに喜んでもらえて、わしも嬉しいわ。
なあ、女将。」
「はい、全くです。」と、女将。
すると、すかさず
「もしこれ飲んで普通の顔してはったら、一杯3万円や。 って
言おうと思うてました。
ははは。いや、これもう去年からわたし一人で
お客が帰った後にちびちびと飲んでる黒吟で、
もうあとこれしかありません。」
と、御主人は冷蔵庫からその残り僅かとなった酒の入った
一升瓶を出して、見せてくれた。

その時だ。
御主人が僕の心を鷲掴みにする一言を放ったのは!
「この黒吟は京都では殆ど手に入りません。
次また何時飲めるかと思うと、
ついついちょっとづつになってしまうんですわぁ。
でも、菊姫にはこれの上にもう一つありましてな…。」

「!…えっ?もうひとつ!?それはどんな酒ですか!
御主人!!」

「ああ、菊理媛といってな…。」
「菊理媛…。」
「はあ。でもこれは地元行ってもありませんよ。
まあ、飲めませんなぁ…。
わしもまだ一度も飲んだことありません。」
「はぁ……。」
「……。」
「菊理媛…ですか………。」

マモナク…モクテキチ…シュウヘンデス…
オンセイアンナイヲ…シュウリョウ…シマス…

もう今日何回も同じことを繰り返し喋り続けるカーナビが
そう言った…。
「おい、たまにはちょっと違うことも言ってみろよ。
その場所には行きたくありません…とか、
あるいは……
      ……この店には菊理媛はあります…とかさ。」

幻の酒を求めて、金沢市内の酒屋をはじから回っている
僕の車は、ある酒屋の前で止まった…。
それは、まぎれも無く、沢田さんが毎年送って下さっている
御歳暮の発送元になっている『お店』だった。
2002-01-31 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。