blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
僕の古い友人たち[mail coba '01年 9月]
先日から僕のとても大切な友人がイタリアから
来日しているんだ。
クリスティーナとマウロのふたり。
僕がmirano(veneziaから30分の町)の音楽院に留学中に
下宿させてくれていた夫婦なんだ。
クリスティーナは僕の母校LUCIANO FANCELLI音楽院の
幼児科の先生。
マウロは空手の先生で、
miranoから約7キロ程の町mira
(ここveneto州にはmiranoやmarano、merano、mira、
なんていう地名がやたら多いんだ。因にガラス細工で有名な
murano島や僕も地中海三部作でジャケ写を撮ったburano島など
もそう。)で大きな空手道場を経営してるんだ。
で、彼らの間に生まれた子供がサラ。
そう、僕のファーストアルバム「シチリアの月の下で」の
1曲目、SARAの曲名になった娘。
もういろんなところで話しているから知ってる人も多いと
思うけど、彼女が誕生するのには僕の存在が
結構ポイントになったんだ…。

音楽院に入学してひと月ほど経ったある日、
校長室に呼ばれた僕に校長は意外な提案をしたんだ。
曰く…、
「coba、君に部屋を提供しても良いって言ってくれてる
先生がいるんだが…どうだ?」

それまで1泊1300円程の安ペンションに泊まっていて、
共同のシャワーの不潔さにほとほと嫌気がさして来ていた
僕には、願ってもない話だった。
僕は一もニもなくこの話にとびついたものだった。
かくして次の日からこの夫婦と僕の
愛しくも滑稽な共同生活が始まった。

彼らは結婚してまだ2年目…。
そんな甘い時期になぜ居候を住まわせたりしたのか、
僕はいまだに理解できない。
ただはじめての夜、マウロが日本語で書かれた空手の本を
僕の部屋に何冊も持ってきて、しきりに解説を求められて、
「えっ?何これ、ギブあんどテイクってこと!?」
なんて思ったのを憶えてる。
最初彼らの家から学校までを、
僕はクリスティーナのお父さんの使い古した自転車で
30分かけて通学していた。でも暫くして、
さすがにちょっと辛くなってきた僕は、
ある日友人のパオロ君から50ccのバイクを中古で
譲ってもらった。
(このバイクが「走れパオリーノ」の名の由来なんだ。)
パオロから買ったパオリーノ(僕が勝手につけた名。
小パオロ君という意。)に乗って僕は毎日学校に通った。
泣けちゃうほどになつかしい日々だ…。

ヴェネツィアの冬は寒く、毎日がどんよりとした曇り空。
朝晩は霧が全てを覆ってしまう。
パオリーノは雨や霧にめっぽう弱く、すぐに立ち往生した。
しかもそれは全く場所というものを選ばなかった。
通学途中の、絶対に他の車なんか通りかかりっこない
夜中の葡萄畑のまん中で、あるいは
雷鳴轟く大雨の延々と続く早朝の一本道で、
パオリーノは何の前触れも遠慮もなく、気を失った。
たったひとりの通学途中のパートナーに気を失われた僕は
突然孤独感に苛まれる!
なんたってこいつが気絶するときは、
決まってまわりが大雨か、視界0の深い霧か、
夜中か、雷の真下かなんだから…。

「おいっ!一度でいいから天気の良い日に
気絶してみやがれ!!このバカリーノ!」
なんて独り言を言いながら、
よくパオリーノの湿ったプラグを
サンドペーパーで削ったものだ。
パオリーノは我が家でもアイドルだった。
クリスティーナもマウロも次にパオリーノが
いつ気を失うかが、とても楽しみなようだった。
「全く、こっちの身にもなってよ!」
僕はよく彼らに文句を言ったものだ。
でもこっちが真剣になればなる程、
彼らは楽しんでいるようだった。
マフラーが錆びて落っこちてしまった朝、
物凄い轟音をたてているパオリーノを見て、
さすがにマウロが心配して言った。
「coba、もしおまわりさんに停められて、何故マフラーが
無いか聞かれても、イタリア語が解らないふりをしたほうが
いいよ。騒音違反の罰金は高いからな。」
はたして、数日後にmaranoの町の交差点で僕は
交通巡査に停められて、マウロのアドバイス通り、
イタリア語が全く話せないフリで九死に一生を得た。


後日につづく
2001-09-30 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 2

コメント

プラグコードが古くなると湿気の多い時にコードから電気火花が漏れてプラグの所で火花が飛ばない状態になっていたのでしょう。私はスズキジムニーに乗って7年目にこのような症状に悩まされるようになり
その後にこの事を知っている友人に聞いてコードを交換したところ治った経験が有ります。
(2010-02-04 00:17)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。