blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
MODO DI PONTE VECCHIO[mail coba '01年 8月]
で、昨日の続きなんだけど、
京都から大阪入りして何本かテレビの収録だった。
関西の気温は関東のそれと全く違うのに
今更ながらびっくりした。
特に今年は、山に住む僕の友人曰く、
秋が来るのがとても早い筈の年だから、
まだまだむうっとしている関西の空気感は意外だったな。
夜は関西のイタリアン屈指の山根さん率いる
MODO DI PONTE VECCHIOへ 。
ワクワク!!!
急に電話を入れたので、山根さん御自身はあいにく
東京への出張で、お顔は見ることが出来なかったけど、
マネージャーの山本君がいつもの笑顔で出迎えてくれた。
現在MODOの厨房を仕切るのは古川シェフ。
この人は素晴らしい感性の持ち主だ。
取り敢えずPiemonte、Cuneo(いやぁ懐かしい!)
近くの名手Aldo Conternoのシャルドネをいただきながら」
前菜に冷たいあわびとラディッシュ、和カブに、
ジェル状になったつくね芋とネギのソースをかけた一皿目。
続いて蒸したオマールといんげん、
ブロッコリーのサラダ仕立て。隠し味で生ハムも入っている。
見事、見事。天晴れ山根さん!天晴れ古川さん!
そして前菜最後に本マグロを上品にスモークして温泉卵、
(これは合うよな!)玉葱、ケッパー、グリーンピース、
胡瓜などにボッタルガ(御存じボラの卵の塩漬け)が
振りかけてある。半熟の卵を使わせたら
山根さんは日本でも5指に入るだろう。
さて、ここでFriuliのこれ又名作り手Jermannの
ピノグリにスイッチ、いよいよパスタの登場。
穴子とトマト、油菜芯による細めのリングイネ。
仕上げにレモンオイルが振ってあり、
全体に爽やかな印象を与えている。
またピノグリージョに良くあうんだこれが。
パスタ2皿目は鳩とポルチーニのタリアテッレで、
鳩には微かにサフランやオレンジの香りがしたので、
多分使っている筈。本当にパスタの切れが素晴らしい。
これだけの物を手打ちで仕上げるには、
綿密なFarina(粉)と卵
(この店では全卵と卵黄のみの混合比を決めている)と
水分の調節に加えてごくごく丁寧な空気抜きを
実践している筈。なんという丁寧な料理なのだろう。
そしてワインも赤にスイッチしていよいよメインだ。
ちなみにMontepluciano(勿論Toscana)にある
名手PolizianoのLe Stanze'98だ。
恥ずかしい話、僕には最初とてもこれが
カベルネソヴィニヨンとカベルネフラン、
メルローによるものとは思えなかった。
(てっきりサンジョヴェーセだと思ってた。ひぇー!!)
まあでも先日名古屋で某凄腕イタリアンシェフ達と
行ったフレンチで出された、
Don camilloのサンジョヴェーゼを、
全員一致でシラーとグルナッシュの混合って決めつけて
「あはは!俺達バカだねぇ」
ってなったこともあったしなあ。
解らないよな、ホント!
同じカベルネソヴィニヨンでもやっぱり
ボルドーで育ったものとトスカーナで育ったもの、
はたまた勝沼で育ったものとでは
全然違ったキャラになっちゃうし、
それをさらに混合していくと
更に更に複雑になっていくんだ。はぁぁ…。
ソムリエの難しさは間違えちゃいけないことかなあ?
勿論それを防止するために死ぬ程テイスティングして
お勉強しちゃうわけだけど、優秀なソムリエは
絶対に間違いを言わないテクニックみたいなものも
持っているわけ。つまり占いと同じで、
絶対的な確信がある場合以外は、
ある意味どうとでも取れる(どれにも当てはまる)表現
でしかそのワインを表さないというやり方。
でもさあ、そうなっちゃうとかなり辛いと思うんだよな。
僕には絶対無理だな、そういう表現の仕方は。
何故って
「サンジョヴェーセだと感じたらそれはあくまで
サンジョヴェーセなわけで、そう言うしかないだろ!」
って思っちゃうんだな。
ワインが好きだから色々知りたいわけで、
それを楽しみたい以上「間違えたらお前クビ!」みたいな
状況になるのはまっぴらごめんなわけ。
それと僕は昔から基本的に「感じたことが真実」っていう
哲学を持っていて、仮に「そうじゃないよ」と言われても、
それがきちんと納得できない限り
「でもそう感じるわけだからそうなんだと思う。
つまり自分が持つ感性がイエスと言う以上、
申し訳ないけどそれはイエスでしかないよ。」
と言わざるを得ないんだな。
勿論!自分の感性の未熟さや、知識の足りなさで
大きな間違いを犯すことは数知れないし、
それが明確になっても尚、過ちを認めないのは
単なる愚か者だよな。
つまり、間違いを認める勇気を持つことの重要性!と
その難しさ!だと思うんだ。
だから、『好きこそ〜』でしかないまだまだ未熟者な
僕なんかワインの銘柄や葡萄を間違えて
「ごめんなさい!!」ってなることは数えきれない。
(ホント、お恥ずかしいかぎりデスガ…。)
ただね、考えてみると信じ込まされていることが
とっても多いんだな、この世の中は。
つまり、既成概念を疑うことが
まるで罪を犯しているがごとくに認識されてしまう。
僕がアコーディオンの既成概念を疑い始めたのが
小学4年生だから、きっとそれにかけては
誰よりも先輩になっちゃうんじゃないかな?
考えてみると僕の創作活動は概念を疑うことの連続なんだ。
つまり、豆腐は白いということや、
醤油を付けて食べること、更には柔らかいということは
定理としてごく自然に一般的な認識作業が終了してしまって
いて、今さらそこに疑いを持つことはある意味時間の無駄、
ナンセンスなことと思われているかもしれないけれど、
そう信じてしまっている人からは
本当の創造は生まれないわけ。
豆腐が黒蜜や、きな粉や、オリーブオイルと
合わない訳がないし、色が真っ黒だったら
もしかしたら倍の値段で売れるかも知れないでしょ。
(センス良い悪いは別として。)
勿論そういった創造作業にはいつもスーパーなセンスと
バランス感性、細心の注意が必要なんだけど…。
(そうじゃないと、単なる奇をてらう作業に過ぎないから、
これこそ時間の無駄だよね。)
今までにないものを生み出す作業において
これはとっても大切なこと。
プロデュース作業の基本理念とも言うべきところかな。

さてさて、メインは
鳩の煮込みにあわび茸、スギ茸などを添えて
夏トリュフがかかっている。
食事の後、古川シェフと山本君とシャンパンで乾杯。
午前2時過ぎまで語り合った。
彼らの料理とサービスに対する情熱に感動した…。
とまあ、随分と長いディナーの報告文になっちゃったけど、
ワインを選んでくれた山本君のセンスの良さと
巨匠山根さんとの微妙なギャップに悩みながらも、
お盆で食材の入荷が限定されている中、
若い才能溢れる料理を提供してくれた古川シェフに
敬意を表し、アップします。
2001-08-16 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 7

コメント

疑は知の基(もとい)である。
能(よ)く疑う者は能く知る者である。
寺田寅彦『俳句と地球物理』



それが「自分の言葉」である。
・・・・・
人間が引き受けることのできるのは、
「自分の意見」だけである。
内田樹
http://blog.tatsuru.com/2010/04/05_1205.php


viva! coba!
arthurの贈り物
(2010-05-24 03:49)

>ただね、考えてみると




tu as raison <3
arthur
(2010-06-02 16:55)


思いきり
愛されたくて
駆けてゆく
六月、サンダル、あじさいの花

俵 万智



>合わない訳がないし、

http://www.youtube.com/watch?v=764Cn5xC0K0
arthur
(2010-06-09 18:50)













>今までにないもの

を生み出す作業において
これはとっても大切なこと。

プロデュース作業の基本理念とも言うべきところかな。




...合わない訳ないし...
(2010-08-21 12:49)














>もしかしたら倍の値段で売れるかも知れないでしょ。
(センス良い悪いは別として。)

勿論そういった創造作業にはいつもスーパーなセンスと
バランス感性、細心の注意が必要なんだけど…。
http://www.youtube.com/watch?v=4wNT1oXG4Zk


(そうじゃないと、単なる奇をてらう作業に過ぎないから、
これこそ時間の無駄だよね。)
http://www.youtube.com/watch?v=4Pb_911z3_o

arthur
(2010-08-21 13:34)



















むつかしや何もなき家の煤払 漱石







http://kenmogi.cocolog-nifty.com/tweets/2010/12/post-7bb0.html
arthur
(2010-12-28 09:34)


























さてさて、メインは

(2011-03-16 15:25)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。