blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
アッピア街道からブリ街道、塩の道[旅]

長野市にてイベントに参加。
フェリーニの「道」のテーマなど演奏。

 

長野「道」サミットと題されたこのイベントは、
道の意味を改めて考えて、
道というものの本質を捉え直したうえで、
将来の文化交流や地域発展に活かそうという、
なかなか深遠なテーマ性を持つイベント。

 

国土交通省の御重鎮方々はじめ、
村井長野県知事など、お偉い方々の中で、
なぜ僕が…。

 

同じくゲストとして招かれていらした
元マラソン選手でスポーツジャーナリストの
増田明美さんと、ナビゲーターの草野満代さん
と共に3人でのトークセッションに参加。


草野さんは世界の近代的な道の象徴ともいえる、
アッピア街道を取材される為に、
わざわざイタリアまで行って来られたとの事。

アッピア街道はローマ帝国によって造られた
ローマからブリンディジまで続く道だ。

僕も6,7年前にフィアット500ccに乗って、
この道の基点からフェリーニの「道」のラストシーンの
ロケが行われたローマ郊外の海岸までの
ドライブをしたことがある。
(ある旅番組の中でのことだが)


イタリアの凄さは、2000年前に造られた道を、
修復を重ねながらいまだに使っている
ことでも伺い知ることが出来る。

 

そういえば、
長野にも有名な、糸魚川から松本まで続く「塩の道」
或いは富山からの「ブリ街道」と呼ばれる流通路が
あって、民間レベルでの物資や文化の交流が
行われていたそうだ。

物の本によると、「塩の道」では
何と魚が上がった夕方に越後の糸魚川を出発して、
駆けに駆けた人足は、
24時間後には、信州の大町に、
そしてその翌朝には既に松本に
到着していたというから驚きだ。

 

勿論、何人もの人足達が走り次いだのではあろうが…
話を聞いただけでも気が遠くなる。


イタリアも日本も…
昔の人は凄いや。
 



2007-03-25 17:20 この記事だけ表示   |  コメント 15

コメント

「道サミット」お疲れ様でした

お忙しい毎日での様々なジャンルの方達とのお仕事はcobaのお人柄
「人は人を呼ぶ」
御縁のナセル 業!技!術!
長野→イタリア→cobaに続く道!
イタリアの石畳は歳月を歴史を感じました


「道サミット」とお伺いして「道」の映画と○○街道を思い……

数年前「道」の映画を久々に観た直後にcobaの旅番組を拝見した偶然に驚き!!!
キャッ 大好きなcobaと繋がってる!?って凄っく思い込み……超勝手でゴメンナサァイ!
その直後に拝聴したコンサートでもお話されてた事を思い出しました

cobaの前に有る「道」
cobaが作る!創る!造る!「道」
cobaと「道」は繋がっているのだと実感しました


あ〜〜〜んかなり遠いお姿
coba久々のご登場ありがとうございまぁす


御身大切にcoba道を邁進してお励み下さいませ
ついて往きます 行きます
ガンバッテネ coba!
lily
(2007-03-25 19:33)
アッピア街道今度車で通ってみたいです。

レンタカーで左ハンドル運転できるかなあ・・・
Dr.Tom
(2007-03-25 20:21)
「道」と言えば・・・・
「シルクロード」・・・。
あ、「鯖街道」というのもありますね。
その昔、福井の若狭から京都まで山を越えて鯖を運んだそうです。かの有名な一休さんもそのひとりだっ
たとか・・・。

私の「道」は・・・cobaに繋がっている・・・・
なんちゃって♪
hirose
(2007-03-25 22:00)
地下生活からでて長野ですね。

昨年でしたがNHKでのイタリアの世界遺産の旅も素敵でしたね。

いろんな道が世界を繁栄させてますものね。

それはそうと今年は八ヶ岳はどうなりますかしら。
ものすごく楽しみにしています。

5月まで今のところ会えませんね。
19日は2階席で聴かせていただきます。音響のいい所だとか。友達と4人で参ります。

29日の徹子の部屋も楽しみ。
葉田佳代子
(2007-03-25 22:22)
塩の道は静岡の蒲原から甲府までの道もそうです.削り節や塩を天秤棒でかつぎはこんだそうですよ
波奈
(2007-03-25 23:02)
cobaのDVDをやっと手に入れました。DVD見てると2月のライブを思い出します。
でも生ライブが一番cobaの魅力を感じる事が出来ます。又、広島に来てくださいね。
bianca
(2007-03-25 23:32)
道を歩く。
みな、時間と共に、前に進んでるんだろうけど、
立ち位置を、疑問に思うか否か、
出てみようとする人って、
精神構造の柱が違う気がする。 
いい、悪いじゃなくて。
そして人は歩いてきた。
ものも、文化も、音楽も、運ぶ人に、大きな愛みたいなものを感じます。

ラベル、クリスティアン・ツィマーマンで聴きました。
心のひだが続くピアノの調べ。 悩み、不安、畏れ、隠れる安定、思い変わる心模様に忠実に繰り返され変化していく音。
トランペットやら何らやがやってきても、聴き手の自由にまかされてる観も強い。 今風。

スペイン、ジプシー、ラテン、歩き、航海に出て行った人たち。

「音楽のある町で、あなたが主役」、お疲れ様でした。
演奏中のお声に思いが、にじみ出てました。
私も、さよなら言わないで出てきたことあるな〜と思い出しました。 その時々が宝物。
オケの波の中、立つ白波と、泡って感じもしました。
いーです。 いけてます。
いつも胸を打ちます、弾き姿。 ありがとう。
ぐうみい
(2007-03-26 00:01)
あ〜見ました見ました♪チンクエチェント(←すみません綴り今分からない)でしたよね〜

サーカスで演奏したシーンはカッコよかったなぁ!アコーディオンを弾きながら町を歩いていたら、人がたくさん出てきて、おっきなオバちゃんからエスプレッソいただいたり…どの場面も忘れられません


「フランシスコの〜」まだ見ていませんが
チラシを先日発見しました、あれ可愛いですね
みなさ〜ん、聞いてくださーい
チラシがアコーディオンなんですよ!
蛇腹みたいにびろ〜んと開くの!もちろんチラシには我らがcobaさんのコメントものってます

>この町、わが町じゃ、フランシスコは観れない
ぐうみいさん、そんなことないと思いますよ
4月から全県ではないようですが、あちらこちらで公開されるそうです
北海道は札幌で、東北は秋田以外、京都やら神戸やら、九州も5ヶ所くらいで上映されるそうです
boy
(2007-03-26 00:53)
真知子チャマへの道!

studio underworld!
cobaの地下帝国 地下王国
赤い部屋の赤い真知子チャマ
cobaが地下帝国にいらっしゃる間に真知子チャマ拝聴してました


「渡辺真知子 KAMOME 30」

真知子チャマのスペイン語!?イタリア語!? ボサノバ!?…
guitarが印象的で
迷い道から異国の街へとかもめが翔んだ〜!?
真知子チャマの声には歳月を経ての深み以上に若さが…
初見で聴いた時代に戻れる歌声に魅せられます

cobaのプロデュース♪
Besame Mucho と Volare
とても素敵な音色と凄い歌唱力
迷い道'07
優しくさり気ない音色(アコーディオン&マンドリン)とrap
さくらさくら
桜が可憐で儚く妖しく彩る様を感じさせるcobaのアコーディオン 緩さが心地良い唄

サクラ さくら 桜 $akura
桜の儚さは人の夢?
咲いて散る迄が人の一生?時に艶やかに想いも深く妖しく人を虜にする
時に激しい情念を持つ
その情景に合わせて彩るcobaのアコーディオンの音色は心に体に響きます


ボーダーを越えたお仕事お疲れ様でした
忘れていた好きだった歌を思い出し新たに好きな歌も出来ました

この道 出会いへの道
cobaに出会えたから繋がって来た道
ありがとう coba!
lily
(2007-03-26 08:07)
今日は、流行りのMaurice Ravelをやる事に決定。


「クープランの墓」のメヌエットは、【眠る街】のベッドシーンで使って頂いた。

「ソナチネ」の楽譜が欲しい。

だけど、poorで買えない。

「クープランの墓」を探すと…
なんと、まっさらな「ソナチネ」が隣にあった。
ヤッホー!!cobaと、ぐうみいさん、ありがとう♪
掘り出し物じゃ〜
いつ買ったのか、憶えてない。
しばらくコレと、隣室が興味を示していた、Scott Joplinを練習…∞
kuro
(2007-03-26 10:03)
何年か前のcobaのコンサートでのこと。
「西風にゆれるフローラ 」を、ステージから降りて客席の通路を歩きながら演奏されたことがありました。
                             cobaを先頭に、ウクレレ、シェイカー、三人でゆっくりと進むのです。アンプを通さず全くの生の音だから、本当に素敵な風が吹いたような、たとえようのない気持ちよさを感じました。
                             「道」を歩きながら、私たちに、感動を置いてってくれたのです。まさにcobaとおなじ空間にいると実感しました。
同じ体験をなさった方、いらっしゃいますよね!
しろこ
(2007-03-26 13:50)
ACTのニーノロータ 見たところでした。
「道」の演奏 気になります どんな曲なんですか?
道つながりで 神戸にととや道があるんです。
芦屋浜や深江浜で釣れたお魚を 有馬温泉に 
運ぶ…道…です。
RURU
(2007-03-26 19:31)
「フランシスコの〜」公式サイト見ました。
函館の、会員になってる私好みの作品を入れてくれる映画館に、プッシュしようかな。 うふっ。
勇気をありがとう、boyさん。

kuroさん、演奏できていいですね〜。
あと、「水の戯れ」と「夜のガスパール」位しか聴いてないんで、「名曲解説ライブラリー」片手に、もう少し彼を知りたいわって感じです。

cobaつながりで、広がって、ありがとう。
ぐうみい
(2007-03-27 00:10)
道のお話、、、
昔の人は、本当にすごいね!
今の便利さから考えると、昔の人はすごいと感じるところが多い。そんな、すばらしい道をもっと良く知り、これからも、利用しなくちゃ、、、いろんな意味で。
十二単
(2007-03-27 17:13)
















旧約聖書は広大で、幽遠で、複雑で、
畳々たる山海に似ている。

踏破するのは、なかなかむつかしい。
ちょっと眺めるだけでも疲れてしまう。

登り口がいくつかあって、
第一ページの天地創造から入る道、
一番なじみの深いモーセの生涯あたりからたどる道、
あるいはまた美しい雅歌の文句に魅せられて
散策を始める人もいるだろう。

だが、私の見たところ、意外と登りやすいのが
アブラハムの事績からたどっていくコースである。

初心者向きであり、主だった風景もよく見える。


阿刀田高 『旧約聖書を知っていますか』











柳田が語ろうとしたこと、それは
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1144.html










昔の人は凄いや。

http://www.youtube.com/watch?v=DRXrrsLAk8E
(2010-11-17 09:33)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。