blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
パーッとしたお通夜組曲!博多編[旅]

というわけで福岡イムズホールのライブ本番日!
このホールには、幾度となくお世話になってます。

今日も満員のお客様。本当にありがとうございました。



このところちょっとPCの誤作動が続いていて、
充分チェックしたものの、やっぱりラストのgood luck!で
一瞬の音切れが…。
データを入れ替えないとだめかな?

毎回各地で恒例化している、即興曲、
大阪から結構方向性を決定して
演奏に具体的にそれを盛り込むニュアンスになる傾向に。
今回も、事前のトークで、何故か「お通夜」という
お題になってしまい、それで突っ走ろうとした瞬間、
お客様の「パーッと行こう!」の一言で、
「では、パーッとしたお通夜で。」ということに。

抽象的なものを具現化するやり方には
おおよそ数多くの方法がある。
例えば、先日にも述べた、「白トリュフ香」を
音に変換するやり方で、一番解り易いのは、
香りの持つ特質の複数の要素の中から、
最も特徴的なものをひとつ抽出して、まずはその
特徴を最も有効に表現できるフリクエンシーエリアを
直感的に掴むこと。
例えば白トリュフのムアーっとしたニュアンスに
3000hzは合う筈がない。当然150から200hzの帯域で、
しかもアタックを感じさせない音色をチョイス
することになる。
それをアコーディオン1台でやる場合は、
例えば16 feetのレジスターをチョイスして、
多少ベンドというちょっと高度なテクニックを
使うことによって、ベーシックな世界観は獲得できる。
この段階で、8割のオーディアンスは、
ある程度ピーンと来て納得する。

で、あとそれをどこまで雄弁に表現できるかは、
アーティストの持つ才能と、天性の感とひらめき、
エドゥケーションのレベル等によって、
100倍も1000倍もの開きが出てきてしまうもの。

僕は個人的に、この即興演奏というものを
やりだしてから、自分のまわりで起きる
さまざまなこと…例えば自然現象や、人間関係、
人とのカンバセーション、ファッション、建築物…
その他恐ろしく沢山の物事に興味を持ち出したし、
それを無意識のうちに分析し、
その特徴を捕まえるという作業を知らず知らず
やっているようだ。

そんなわけで、車や飛行機で移動中にも、全く
退屈しない。
特に、ちょっと名の知れた3ツ星レストランに
行ったりするともう楽しくてしようがない。
ソムリエ、ギャルソンたちとの会話で、
その店のオーナーの姿がうっすらと見え始め、
食事を全て終え、お会計になった段階で、
その姿は丸裸になったように見えてくるものだ。

これはレストランに限ったことではない。
ホテルに泊まっても、洋服屋に行っても、
スポーツジムに行っても、同じようなことが
起きる。
そんなこんなで、
人がますます好きになる今日この頃…。

そんなわけで「パーッとしたお通夜」は、
僕のアコーディオンで、実に具象的に解りやすく
表現され、お客様にとても喜んでいただき、
熱烈な拍手喝采を頂戴したのでした。
大感謝!


博多の皆さん、熱い声援を心から
ありがとう!
スタッフの皆さん、御協力に感謝!
とてもやりやすかった。

打ち上げは、久々のモツ鍋で。
とても美味しかったです!
ありがたい!!!!!

 
モツ鍋を自信満々に仕切るケーウエストの鍋奉行
Mr Sasaguri (この男、酒が入ると実に頼もしい)

さあ、明日は宮崎。
いったいどんなお題が飛び出してくるやら…
それは、まだ誰も知らないのさ。



2006-12-02 18:13 この記事だけ表示   |  コメント 13

コメント

えー、「ライブ終わると体重3キロ減ってる」のくだりで「うらやましい!!」と茶々を入れた者でございます。ちなみにその後、「パーっと行こう!」と合いの手を入れた方とワタシの声がかぶりまして。その時「15分!」って叫んだんですけどね。お通夜が15分続いたらどうなっていたんだか(^^;)。

CDの規格についてMCでcobaさんが言われていたことは、こうしてライブで音を聴くと本当に実感します。「きこえてないはずの音」、本当は人間は聴けているんですよね。

素晴らしい演奏ありがとうございました。またぜひ九州にいらして下さい。お待ちしております。

あ、そうそう長崎でさだまさしさんの悪口は言わないように気を付けましょう(^o^)。
あめんほてっぷ
(2006-12-02 20:48)
cobaさん、こんばんは。
メールをお送りしたのですが戻ってきましたので、お知らせしておかなければと、こちらに書かせていただきました。

また後ほど改めてお送りします。
明日の宮崎ライブ、頑張ってくださいね!
MF
(2006-12-02 22:09)
モツ鍋オイシソー!!!食べたーいf^_^;各地の楽しそうなライブ・・・行きたーい!!!四年もcobaさんの生アコの演奏を聴いていないと、まるで病人のようです(*_*)だから毎日必ずCDは聴いているのですが・・・四年前の感動は忘れる事なく、当日の事を思い出すと今でも鳥肌が立ちます!!!また必ず生アコを聴きに行きたい、モトイ、必ず聴きに行きます\^o^/cobaさんの最高なトーク、パワー・・・全てを会場に行って体で感じたいです!!!
kemey
(2006-12-02 22:17)
イムズホールでのライブ。
充実した刺激をありがとうございました★

「パーッとしたお通夜」。
改めて文字にすると、くすりと笑ってしまうタイトルですが、とってもcoolでした!


アンコールの2曲。
私の中のベスト2、ビンゴでした。
最高に、嬉しかった。


最後列だったので、後ろを気にせずに友達とひたすら踊りまくり、12月1日がまた色濃くなったことに、とても喜びを感じています。

また、福岡に来てくださいね!

私は来春から渡欧の予定ですので、ヨーロッパでのcobaさんのライブ、国境を越えたところで、じっくりとノリノリで味わいたいと思っています♪

残りのライブも、頑張ってください!
tschussli
(2006-12-02 23:39)
博多でのライブもかなりの大盛況だったんですね。
なんだか伝わってきます。

「パーッとしたお通夜」、聴いてみたかったです♪
ちなみに大阪では「突っ込み難い・・・ちょっと違う」でした。(笑)
これから各地での即興曲のお題・・・みなさんも教えてくださいませ。楽しみにしています。
hirose
(2006-12-02 23:40)
イムズホールの妙な雰囲気の中ににいた者でございます。
cobaさんの青スジが見えたような気がして、ちょーっと焦りました。
なーんかこの日の博多はラテンが出し切れていない、冷静なaudienceで そうゆう自分もきっちり突っ込まずそこは後悔・・・
せっかくの小規模ホールの良さだったのに。いかんですねえ。

でもLive cobaを味あわせてもらって 元気をもらい感動しました。やっぱり良いよ〜!
〜あーっ、イタリアのカステルなんちゃら市へ行って
アコーディオン博物館観てみたい!!〜

ずーっとmaniaでいますのできっときっとまた来てね!
「おパリ」で生み出す楽曲、活動の成果&驚きをこの地で楽しみに待っています。
j.j.shinoopy
(2006-12-02 23:42)
あのー、音づくり、音楽づくりのむづかしいところだけは、coba様におまかせしますから、これからもひとつよろしくお願いいたします。
Liveでは、目指すアーティストを目の当たりにしながら、その場でしか聞けない音、音楽を楽しむわけだけど、時にアーティスト(の方々)の動きに、あるいはお衣装などに眼と気をとられて、聞き逃しがあることも事実です。
ゆっくりCDを聴いてて気がつくアコーディオンの隠し味のような音やアコーディオン以外の多彩な楽器の
音色を聞き分けるのも、なかなか楽しい仕事ですよーっ!!
実は、楽しそうなLiveには参加できず、多大なやっかみを感じている
muse
(2006-12-03 00:44)
抽象的なものを具現化するやり方を読み、「パパすごい!」(誰のっ?!って、ごめんなさい、意味不明です)って言葉が浮かびました。私も「パーッとしたお通夜組曲」聴いてみたかったです。フォーレもモーツァルトもレクイエムって、そこはかとなく明るく、希望の光りがさすみたいな展開になっていくのと「パーッとした」っていうのが重なって、興味津々。そういえば、日本ってこういうテーマの曲ってあんまりないですネ。搾取される音楽。いろんなアーティストの競い合いを聴いてみたいと思いますが、変わってるのかな私って。退屈しらずで、ますます人が好きって、楽しそうなcobaさま、うれしいかぎりです。スマイル!!
ぐうみい
(2006-12-03 01:15)
突然、花を、さしだしびっくりされたでしょう!?昨日のライブ、即興の 「ぱっとしたお葬式」 やっぱりすごいですね。ぱっと!驚きでした。
    ライブの帰りboyを買いまして、今日、運転中     に聴き
 すいすいと、まるで空を、走ってる気分でした。    特に、 4番、7番が めっちゃ良かったです。        グラチェ!アルベデルチ!
黄バラのおんな
(2006-12-03 01:34)
coba様,

 え?ラテンの血はどうなってるの? こんなんじゃ、ボク即興曲が2分で終わっちゃうかもですよぉ〜 って。
 「cobaウイット」はその音楽とともに、ちゃーんと博多っ子オーディエンスの「熱きハート」にビン!ビン!来ていた証拠、その1
 イムズ9Fから降りる満員のエレベーターの中で。
 「・・・ウフ、良かったねぇ・・・」って、興奮冷めやらない若い女の子たちが囁きあっていました。
 興奮を抑えきれず、高揚した思いがつい、狭〜い空間で出てしまったような声。
 楽しい気分が、もっともっとほんわかと幸せな気分になりました。

 音楽がスキ!人がスキ!ヴェーチェ・ド・オーロを、更なる成長とジャンルの確立を期待する意味での受賞だそうです。と自分の人生にがっぷり四つに組もうとするような姿を見て、「スキ!スキ!スキ!!」って、博多っ子たちの声が届かなかったとは言わせないですよぉ♪

 地元の大阪に行けなかったので、福岡まで追っかけて行って良かったと心から思いました。アリガトウ!
 天神地下街からホテルに向かう間、ずーっと例の「悪魔の♪♪♪」状態でした!既に♪

 私もパリ公演に行きたいなぁ
軽くお酒が入ったbarでの食事の後、恋人たちがキスをする公園を、イヌのウンチを避けながらそぞろ歩いて、コンサート会場へ。人々が三々五々集まって来て、目配せで挨拶を交わしながら、ゆったりと席に着く・・・夢想は続くのでこの辺で・・・。
 Love Lucy ×××
Lucy A. Shono
(2006-12-03 02:09)
抽象的なものを具象化したり
ある感覚器で捕らえた物を
別の感覚器で知覚できる物に
置き換える作業などしていると
それはそれは分析力も高まり
興味も尽きない事でしょう。
音を音で表現したり見た物を見える物に
作り変えるのは特徴をつかめば
出来そうな気もするし想像もつく。
よく芸人さんが色んな音を凡て口で表現するとか
漫画の似顔絵とか。
でもさ、全く別の物を音のみで表現するって‥。
仰るとおり、研ぎ澄まされたひらめき、センス、
蓄積されたエデュケーション。
才能と努力ってもんかな。書いてしまうと
安っぽく聴こえてしまうけど。
さらに、自分のオリジナリティが無ければダメだし
出しすぎると理解されない危険もある。
料理は食べる人が美味しいと感じなければ
意味ないしね。
まるでジャズの即興のように感じた事を
聴衆の前で演奏するという挑戦を
まだまだ追求していただきたいです。
私達は短い演奏の間にcobaさんのセンスと
蓄積された研鑽の成果に感動するのだから。
けいこ
(2006-12-03 08:47)
広島から遠征して行って良かったぁ〜!!ラテンの血が流れる熱い博多の皆さん、ちょいと本領発揮されてなかったような…。私も一人遠征だったので、みなさんの様子をうかがいつつ…のところがありましたが、段々とノッてきて最後は立ち上がっちゃいましたよ〜!!
やっぱりCDもいいけど、Liveが一番!!難しいコトは私苦手だけど、Live感が大好き!たまりません!あの特別な限定された時間に生み出されるモノ、最高ですよね!
Cobaさんも最後はすっぴん(!)で出てきてくれて、素になって、あれだけ攻撃的な口調も素直に本音が出て、優しい小鹿のバンビちゃん(と、失礼ながら個人的に思ってます!)顔になって…そんなCobaさんが大好きです!ほんと、ありがとうございます!!
19日は広島でお待ちしてますよん♪買った永ちゃん的タオル持って、2列目センターで応援しま〜す!!
masuko
(2006-12-05 18:33)














“勲章よりも珍味の方が嬉しい”

ロッシーニ




マルケ州では
http://www.italy-marche.info/jp/opera/index.html















「白トリュフ香」を
音に変換するやり方...


ロッシーニ 『風変わりな店』
http://www.youtube.com/watch?v=XbPbbUeQ3Kw










そんなわけで...

arthur
(2010-11-28 10:23)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。