blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
日生劇場の音楽劇「若きハイデルベルヒ」の打ち上げは、
銀座の泰明小学校脇にある、
老舗のビアレストランで行われた。

それは、
実は僕の運命を決定づけた場所だった。


メインのキャストは一番上座のテーブルで、
そこからだんだん下っ端の席になっていく。

僕はもちろん、一番末席。
学生役の二期会合唱団や芸大生たちに囲まれて、
目立たないように地味に座っていた。

スタッフも続々と到着し、いよいよ会が始まった。
プロデューサーが挨拶し、ビールで乾杯。
ひと通り食べ物も出終わった頃、
音楽監督の山本直純さんが到着された。

本来なら一番上座にお座りいただくところが、
「俺はそういうの苦手だから」と仰って、
あろうことか一番末席の、
僕の正面に陣取った。

周りは皆若者ばかりで、この大物の突然の来襲に、
完全にカタマってしまっていた。

当然、高校生の無粋な僕に、彼の気に入るような
気の利いた話題を提供できよう筈もなく…

さっきまで盛り上がっていたその一帯は、
ちょっとした台風の目に入ったように、
シンとした。

しばらく
美味そうにビールを飲んでいた直純さんは、
僕にこう話しかけてきた。

「それで、君はどうしたいの?」
「は?」
「いや、アコさ。やりたいんじゃないの?」

驚いたが、
もしかしたら、風間先生があらかじめ直純さんに
何か吹き込んでおいてくれたのかも知れないし、
こんなチャンスを逃す手はない。

ビールの酔いも手伝って、僕は大胆になっていた。
「オーケストラがやってきた」や
「大きいことはイイことだ」で一斉を風靡していた
この大作曲家に、食らいついた。
こんな会話だったと…思う。

「直純先生、ボク…実はアコーディオンをちゃんと
 勉強したいんです」
「ああ、だけど学校ないだろ」
「国内には、ないです。でもヨーロッパの音大には
 アコーディオン課があって、そこではフリーベース
 という新しいシステムを学べます」
「フリーベースか…いいねえ」
「はい。このシステムは、左手のベースが全部
 単音になって、演奏の可能性が物凄く広がります」

僕は随分と饒舌になっていた。

「ですが、僕は作曲の勉強もしたいので、
 まずは日本の音大を受験して、それから
 大学を休学するなりして、留学したいと思っています」
 

勢い込んで話す僕に、
直純さんは、ビールを飲みながらこう仰った。

「何がやりたいの、君。
 作曲、それともアコ?」


僕は思わぬ不意打ちにちょっと絶句したが、

「ア…アコです。」と、辛うじて答えた。


「それなら、
 すぐに行かなきゃ」

「へっ?」

「楽器やりたいならね、一日でも早い方がいいんだよ」

「す、すぐ…って」」

「それからな、日本の音大で勉強しても…
 あんまりいいことないぞ。」


「あの…
 すぐ…ですか」

「ああ。すぐ行きな。
 行くなら、今だ」



頭をカチ割られた気がした。
この人に学歴という言葉は
何の意味も持たないのだ。

高校を卒業し、いい大学に入る…

理系、文系の二者択一を
頑なに拒んでいた筈の僕は、
だがしかし
いつの間にか学歴のエスカレーターに
自らを乗せようとしていた。

アコーディオン課のない日本の音大に
なぜ行くのか?
そう問われてみると、
それまで自分の中にただ漠然とあった、
つぶしが利くように学歴を稼ぐという計画が、
実に陳腐に映った。

アコーディオンを志して、もしそれが
うまくいかなければ、音楽の教師にでもなるのか?
それが、僕の夢か?





打ち上げは、
勘九郎さんや大竹しのぶさんを囲んで、
巨大なジョッキに並々注がれたビールを
出演者全員で回し飲みする儀式で、
クライマックスを迎えていた。

が…
僕にはその喧騒が
遠い出来事に感じられた。



名古屋に戻った僕は、
すぐさま父親に電話し、
自分の決心が変わらない旨を伝えた。
それどころか、高校を3年から休学して、
留学準備を本格的にやりたいと宣言した。

それから数週間後、
父親が札幌から名古屋に来た。

その夜、
太田先生を囲んで
新栄にあるとんかつ屋の2階で話し合いをした。

父親の気持ちは痛いほどわかったが、
僕の決心は固かった。

どんなに辛くとも、絶対に
音を上げないことを父に約束した。

ようやく父も
お前の人生だから…
と許してくれた。

翌日、一緒に高校へ行き、
担任、進路指導の教諭に挨拶した。

同級生も最初は驚いたが、
皆口々に「がんばって来い」と
力づけてくれた。


そして…
僕のイタリア留学が決定する。

あの時、
もし直純さんの言葉がなかったら、
今のcobaはなかったろう。


人生は
人の縁だ。

感謝。
2009-02-09 07:49 この記事だけ表示   |  コメント 21

コメント

ぅわぁあああ
…っとなりました、心の中が。

なるほど…!
夢ってそういうことだな、突き進むことだ。
保険かける時間を割くのは夢の一部じゃない。
無意識に流されかけたところへ直純さんの一言…。

人生は人の縁。
たしかにそうですが、でもやっぱり
人生を決定的に変えたのはcobaさん自身だ、と
改めて感じ取った回でもありました。

やっぱりそれ、だ。
自分の意志・考えの、熟しているか否か。
そうであれば、チャンスを逃さないんだ、と。

自立した意志を持つ高校生・小林少年だったからこそ、
掴んだ道なんだ、と私は感じます。

青春時代を通り過ぎた年齢にあって、私はさらに
これから新しい場所へ足を踏み込む段となりました。
勢いづけられます。何だか、気持ちが。

最近もまたいろいろ感じ・気づきながら、
人生のこと、仕事のことなどを考えます。

cobaさんの音楽に、時に癒され、時に奮起させられながら、
これからも頑張っていきたいと思っています。
あき
(2009-02-09 14:29)
直純先生のお言葉凄いです。
学歴のこと考えるより夢に向かって直球なんだなって…

アコを選んで人の縁があり今のcobaが居るんですね!
ホントに縁って凄い!
3103
(2009-02-09 19:24)
ウアーすごい!もしかしたら直純先生はcoba少年の考えている事、迷っている事を見抜いて、わざわざ末席に座られてどんどん話をされたのではないでしょうか?coba少年の、音楽の未来を考えて…。ところで話は変わってアルバムを遅ればせながら聞きはじめました。体が弾むような楽しい曲ばかりですね。
てっちゃん
(2009-02-09 19:48)
凄い。。

cobaさんが引きよせている「人の縁」も凄いし、とにかく人生がドラマティックで圧倒されます。
そして何より、cobaさんが紡ぎ出す様々な楽曲と同じで、文章そのものが歌っていて、パワーに溢れ、
グイグイ引き込まれてしまいます。
是非本を!
映像化を!舞台化を!!
そら
(2009-02-09 21:30)
素敵な出逢いがあって、素敵なcobaサウンドがあるのですね。でも素敵な人達との縁を引き寄せているのは、cobaのアコーディオンに対する情熱だとも思います。
私事ですがここ数年、夢を見失っていたこともあって、cobaの留学前のお話しを読むにつれ、心に熱いものを感じている今日この頃です (^_-)
kana
(2009-02-09 22:26)
肩書きとか収入より、自分はこれがどれだけ好きかってことの方が大事ですね。そして好きだからどんなことでも頑張れる。好きな気持ちは誰にも負けない何かをこれから見つけたいと思います。
ピスタ
(2009-02-10 00:02)
山本先生のお話はずっと以前にブログで読みましたが、そこへ辿り着くまでのcobaの人生を読み知ることができて、思わず唸ってしまいました。

山本先生との出会いは、縁と縁とに手繰り寄せられたアコとの最後の強い一押しだったんですね。。。

これからのcobaとのひとときが一層楽しみになりました。
hirose
(2009-02-10 20:54)
かけてもらった言葉
誰かに押してもらった背中・・・

すべて必然だと思います


金沢での公演、楽しみにしています

あたしも頑張ろう・・・



yoshie
(2009-02-10 23:11)
かけてもらった言葉
誰かに押してもらった背中・・・

すべて必然だと思います


金沢での公演、楽しみにしています

あたしも頑張ろう・・・
yoshie
(2009-02-10 23:12)
昨晩松本で生の音を聞かせてもらいました。
1歳半の息子をばあちゃんに預けて(笑)
私につられて着いてきた旦那も興奮してました。
ばあちゃんにもしっかり、話しています!

舞台で見るcobaさんのアコーディオンは、まるでcobaさんの『肺』のようでした。
時に歌声、時にハーモニカ。パイプオルガン…
感動しました。
応援しています。
ピアソラ好きな私としては、ソロも感激しました!
CD買います!
yasuko
(2009-02-11 08:57)
このブログを毎回楽しみに読ませていただき、それから聴いた昨夜の松本のライブは、何もかもが胸に迫り、口を開けたまま呆けたような状態になってしまいました。

一人の人間、一台のアコーディオンからあんなにもさまざまな音色が出せるなんて。。。

私が好きな「綺麗は探究心」が聴けずに残念でしたが、「あしたね」がとってもよかったです。

そして、圧巻のリベルタンゴ。。。

CDが物足りなくなり、困っています。

あの、、、それから、、、長野の人は、シャイで自己表現がヘタなのです。。。
けっして共感していないわけでもなく、つまらないわけでもありません。。。
すみません。。。ごめんなさい。。。

今度は佐久地方にもライブにいらしてくださいね。
また、八ヶ岳高原音楽堂にも。。。

素晴らしい夜をありがとうございました。
yukino
(2009-02-11 10:39)
ずっと前から行きたいと思っていたcobaさんのコンサート、ようやく行くことができました。

 エレキュートからの曲は、アコーデオンの新しい可能性に挑戦しようとするcobaさんの気概が溢れているように思いました。
 心を裂くような鋭い音と、引きずる音の中のアコーデオン独特のメランコリーは、尊敬し、頼りにしていた大切な人を失ったばかりの私の心の琴線に触れました。cobaさんのおっしゃるとおり、信州人の私は好きを好きと素直に言えず、悲しくても悲しいと言えません。でも夕べは、cobaさんの奏でる音と私の心の糸が共鳴し合い、コンサートの間、喪失の悲しみと楽しかった思い出の数々を素直にcobaさんの音楽と語り合っていました。
 このような時間を持つことができたこと、cobaさんにお礼申し上げます。

 cobaさんのピアソロはとてもよかったです。
 来夏のこと、実現しますように。
アイリス
(2009-02-11 21:45)
昨日の会場で買ったnewアルバム今聴いております
市民劇場の大ホールはコンサートで結構いってましたが小ホールは初めて入りました
ライブ感があって良かったのですが
小ホールには不釣合いなほどPAの音量が大きく
閉口してしまいました
ギターは途中で聞こえなくなるしベースの低音は音割れするほどボリューム上がってみたり
音響監督不在なのでしょうか?
熱演であっただけに残念です

yoh
(2009-02-12 01:21)
応援しています!頑張ってください!
(2009-02-12 15:22)
 こんにちは。最近は、coba殿のブログが見れなくなるぐらいに体調を崩し躁うつ病の再発で、身体の融通が利かなくなってきています。
でも、coba殿のライブが久しぶりに金沢で行われることとなり、2006年にクラプcobaインUSJでのイベント以来です。
 今回のライブが決まったと聞いた時は、久しぶりに生coba殿にお会いすることが出来、ライブ終了後にも握手会もあるみたいなので楽しみにしていいます。
握手会の時に、USJで撮影させていただいたお写真と加賀地方の地酒・遅めの手作りバレンタインチョコをお渡ししたいと思っています。
金沢ライブでお会いできるのを楽しみにしています。
アイリス
(2009-02-13 05:41)
チャンスは掴まないとチャンスじゃないね。
目の前のチャンスが、しっかり見える人ってすごいなー。
紫陽花
(2009-02-14 00:22)
翌日のことだったのかな。
うっすら記憶にあります。

クラス前の廊下で
海外に留学すると聞いて
驚いた 記憶が。
手をとった記憶が
よみがえります。
30年です。

明日のライブ 楽しみにしています。
元気を もらいに 皆でおしかけていきます。

アンちゃん
安藤俊哉
(2009-02-16 13:12)
「それなら、
 すぐに行かなきゃ」

小澤征爾さんの背中を押したのも、山本直純さん。

「フリーベースか…いいねえ」

まいったなあ。

arthur
(2010-04-15 11:52)
Youツ致e got it in one. Culodnツ稚 have put it better.
(2011-05-10 06:06)
Iツ知 not wrtohy to be in the same forum. ROTFL
(2011-05-11 03:44)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。