blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
進路指導の面接は、まったく機械的だった。

担当教諭に呼び出され、理科系と文科系から
自分の適性選択をするように、さとされた。

来たるべき受験に備えてクラスを分け、
より効率よく受験勉強をするため…とのことだった。


実は、
下宿で一人暮らしを始めて以来、
自分と全く違う夢を持った人々と話しながら、
それまで漠然と思い描いてきた将来に
疑問を感じ始めていた。

自分にとって唯一無二の選択とは?

突然クレイジーな考えが頭を過ぎる。
アコーディオンと生きること。

音楽家になることがどういうことなのか、
アコーディオンで生計を立てられるのか…
そんなことは考えてもみなかった。

海外に行ってみたかった。
この楽器が生まれたヨーロッパで勉強してみたかった。


それを告げた日、進路指導の担当教諭は、
初めて書類から顔を上げ、僕の顔を見た。
そして、すぐに興味を失ったようだった。

はたして僕は音楽の教諭の管轄下となり、
楽器の性質をかんがみて、あくまで趣味として
続けるべきである、と懇々とさとされる…。

それまで学校に対し感じていた違和感は、
決定的なものとなった。

親に電話して相談した。
勿論、大反対だった。
電話の向こうで、気でもふれたか、という剣幕で
激怒している父親の様子が手に取るようにわかる。

家庭教師の先生にも相談した。
いずれにしても今やっている勉強は続けるべきだ、
ということだった。

周囲に反対されると、
ますます燃えた。

自分の思いを誰かに伝えたかった。
一人でもいいから、それに賛同して欲しかった。

高校入学当時から所属していた
アマチュアのアコーディオン団体の先生に相談した。

初めて喜んでくれた。

「東京へ行こう」
先生は仰った。


2009-01-26 17:50 この記事だけ表示   |  コメント 18

コメント

素晴らしい先生との出会いがあって
良かったですね。
しろこ
(2009-01-26 18:15)
その頃の状況では考えられない選択だったんでしょうね。それを決断したcobaさん、それを応援してくれた先生、なんだかすごいことなんだと思いました。
てっちゃん
(2009-01-26 19:40)
いかにして小林靖宏がcobaになったのか、
こういうお話を伺えることは嬉しいです

cobaさんがイタリアに留学なさった頃は(当時私は小学生)
まだまだ海外に旅行に行くことさえ滅多にない時代でしたものね

そんな時代に単身イタリアに乗り込むとはどういうことなのか‥
送り出す時の、ご両親の覚悟と勇気を想像すると涙が出そうです
boy
(2009-01-26 20:46)
うれしかった…ねえ。
cobaの決断がうれしいです。
    
ぐうみい
(2009-01-26 21:08)
自分も進路でいろいろ迷っていた頃のことを思い出しました。

cobaさんの青年時代の真剣な思いが伝わってきます。これからのお話、はやく聞きたいです!
その
(2009-01-27 01:52)
自分をアコーディオンの世界へと導いてくれたお父さんに反対されたのは、寂しかったでしょうね。

でも、それまでの自分と向き合って、その勘を頼りにその先の道を探り進んでいく、という青年になれたのも、自分で色々なことを吸収して成長したcobaさん本人の力はもちろんだけど、ご両親のお陰でもありますよね。

サヨ(25)
(2009-01-27 19:08)
自分の未来


自分で決める



もう一度、あの頃に戻ってみたいと思います


アコーディオンの音

すごく好きです



oka
(2009-01-27 22:23)
少年の心境が詳しく描かれてて、大切なものがいっぱい含まれているなぁ…

時を越えてあの時の少年と今のcobaさんに出会えたことまっすぐにうれしいよ☆
ココ
(2009-01-27 23:28)
自分の道を自分で決める。
当たり前のようだけど
今の世の中全然当り前じゃなくなっちゃってる。

何よりも大切なわが子だから
運と不運を比べてみたら
不運の方が大きく見える。
離れて暮らしているご両親の心配を察すると
余りあるものがあります。
でも、反対されればされるほど
覚悟はより強固になるのも確か。

みんなこういうドラマを持ってるんだろうな…

過去の話でも現在進行形のように
感情移入しちゃいます。

それでその後どうなっていくの??


けいこ
(2009-01-28 19:41)
お忙しい中、書いてくださって感謝です!!!
cobaさんがタダ事じゃなかった1年間を連載してくださっている間に、ドタバタがあって今日やっと一気に読むことができました。

青春だ…。読んでいてドキドキします。
私の頭の中に形作られたcoba少年が、キラキラと輝いてます。

夢を叶える人は、こんな風にして向かい風を追い風にできたから、叶えられるんだ、と思いました。
私もいろんな「なりたい」ものを思いついては、向かい風にその火を吹き消されていましたもん。
cobaさんのような気持ちがなければダメだったんですね。

…病気をしたこともあって、絶対に叶えたかった夢も諦めた私ですが、cobaさんの物語に自分の心を照らし合わせながら色々と思い返してみたいと思っています。

また是非…!続きを書いてください。
お忙しいとは思いますが。。。
この1年間を通って生まれた「coba」を知りたいです。
あき
(2009-01-29 13:59)
いつもオフィスにFM東京が流れているので
「DIARY」聴きました

いつもなら気にもせず
淡々と仕事をしているのですが
聞き入ってしまいました

cobaさんて素直な人なんですね
「がんばれ」という言葉が
素直に入ってきました
ラジオだから?
声?ですかねぇ

番組最後にかかった曲をもっと聴きたくて
amazonにも行きました

こちらを訪ねたら
なるほど
それで「決断DIARY」だったんですね

ライブでもお話されるのですか?

はじめまして
(2009-01-30 02:13)
こんにちは。
昨日、運転中、何気なくラジオにしたらcobaさんが、、
もう嬉しくって、大音量で聞き入ってしまいました。
お声もステキなんですね。
がんばれとcobaさんのお言葉が温かくて心に響きました。
信じた道を突き進んでこられたんですね、素晴らしいです。


CHIKA
(2009-01-30 12:56)
私もcobaさんの「頑張れ」に励まされた一人です。
偶然とはショックとともに
あたたかい大きな力があると実感。

今日は久しぶりのお休みですが
明日からバリバリ頑張れそうな気がしています。

cobaさんがアコーディオンを選択された
理由は何ですか?

私は、実家の仕事を継いでいます。
今に至まで紆余曲折ありましたが、
一番近くにあった当たり前の物に
目を向ける事ができたのは
やっぱり「人」のおかげでした。

人と関わり、物を売る。
時代の流れで経営は大変ですが
手で物を渡し、お金を受け取る。
そういった事を大切にしてゆきたいと思います。
cobaさんありがとう。
偶然に感謝。

ブログの続き楽しみにしています。
おおしたかなえ
(2009-01-30 14:40)



Art is long, life is short.




>理科系と文科系

sciences and arts


英語の art は ラテン語の ars に対応し、・・・

http://www.kitashirakawa.jp/taro/eigo34.html
arthur
(2010-06-13 17:46)


organo e bach si' / mandolino bach no / ogni arte ha la sua tecnica / ogni tecnica ha la sua arte / ogni epoca ha le sue tecniche / muove tecniche / nuove forme d'arte / l'arte non e' la tecnica / la tecnica non e' l'arte



バッハとオルガン、OK
バッハとマンドリン、NO
芸術にはそれに合った技術がある
技術にはそれに合った芸術(表現)がある
どの時代にもその時代の技術がある
技術は変わる
芸術の形も
芸術は技術ではない
技術もまた芸術(と同じ)ではない

ブルーノ・ムナーリ

http://brunomunari.asablo.jp/blog/2010/04/07/5002888

arthur
(2010-06-30 23:43)

「まず、太い幹を描き、幹が、まず2本の枝に分かれ、
 その枝が、また2本に分かれ、
分かれるたびに、細くなる。

 こうして描いた木は、枝が増えて、せんすのように
 広がっていき...その広がった枝を、せんすのように
 閉じると...その幹の太さになる。」


まるでアコーディオン!



日本では1985年に出版された『木をかこう』という
ムナーリの絵本の一部が、最近、小学校低学年の
国語の教科書で「音読」用に使われているそうです。

sciences and arts...

いくつかの原則を基にユーモアをまじえ
新しいものの見方に気づかせてくれる
・・・らしいです。


http://geijutsuhiroba.com/books/foreign/design/32080901011519.php
arthur
(2010-07-01 05:02)







なぜムナーリは
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1286.html




(2011-04-19 08:13)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。